一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その501 イスラボニータ、見事にマイラーズCを制覇して2年7ヶ月ぶりの勝利!

2017年04月23日
美浦TC

4月23日(日)京都11R・マイラーズカップに出走、馬体重は前走から8kg増えた488kgでした。中団のインコースで折り合うと直線でも内を狙いました。そこが空かずに外に持ち出すロスがあったものの、2頭の間に入って追い比べに加わり、ゴール前ではきっちりと半馬身抜け出しました。久々の勝利となる通算7勝目で、勝ち時計は1.32.2です。また、この勝利により6月4日(日)東京・安田記念(G1・芝1600m)の優先出走権を獲得しました。

ルメール騎手は「休み明けでも馬体は太くありませんでした。スタートがよかったので、前の馬をみながらロスもなく、いいペースでレースができました。安田記念に向けていいステップレースとなりました。」とコメントしており、栗田調教師は「時計も速くて優秀です。山元TCでの仕上げがよかったので、着差以上に安心して見てられました。」と話しています。

相変わらずファンにカメラ目線を振りまくイスラボニータ 

f:id:mtansince2001:20170423222002j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その500 イスラボニータ、マイラーズC今週末の出走へ

2017年04月17日
美浦TC

今週4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)に特別登録しました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録にとどまっています。


2017年04月12日
美浦TC

来週4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

きょう12日(水)はウッドチップコースにて5Fから68.4-53.0-38.7-12.7秒の時計を一杯に追われてマークしました。

2頭併せで3馬身ほど前を進んだ準オープンの馬を追いかけ、2馬身ほど遅れてしまいましたが、ゴール前ではしっかりと追われて1週前で思惑通りの負荷をかけることができています。


2017年04月06日
美浦TC

4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

きのう5日(水)はウッドチップコースにて5Fから68.7-53.4-38.6-12.4秒の時計をゴール前で仕掛けられてマークしています。

終いの反応は良好で、来週の1週前追い切りではもう一段階上げて、仕上げを施していきます。

※また口取りをしてイスラボニータと見つめあいたいものです…

f:id:mtansince2001:20161118142042j:plain

 

さてイスラボニータ、勝手に高松宮記念に出るのでは…?…と盛り上がっていたのですが、あっさりとパスされまして今週末のマイラーズCへの出走。

結果的に湿った馬場での開催だった高松宮記念でしたので、スルーして良かったなあと(シレッ)。


そんなわけで早くからの予定通りだった今週末のマイラーズCで、待ちに待ったイスラボニータの復帰です。

登録馬は13頭。思った以上に少なかったですね。なぜか1000万でも大差で連敗している馬が登録しているので実質12頭立てでしょうか。


アクションスター 56.0
イスラボニータ 57.0
エアスピネル 56.0
クルーガー 57.0
サンライズメジャー 56.0
シェルビー 56.0
ダッシングブレイズ 56.0
トーアライジン 56.0
フィエロ 56.0
ブラヴィッシモ 56.0
ブラックスピネル 56.0
プロディガルサン 56.0
ヤングマンパワー 56.0


多くの有料馬の大目標が次の安田記念なのは明白ですが、イスラボニータとしても春は万全を期してここまで待機しての使いだしです。正直言えば結果が欲しいところです。

ここをピークにもっていけば確勝と言っても差し支えないメンバーだとあえて申し上げてしまいますが、今回で100%まで仕上げるわけにもいきません。

ここでは9分くらいの出来での参戦ではないでしょうか。休み明けで輸送があるパターンも初めてです。


ですが、もうイスラボニータも6歳。いい加減いい歳になってきましたので、ちょっとやそっとの事では動じなくなっているのではないでしょうか。

関東馬の成績があまり良くないレースとの事ですが、「そういうジンクス」をことごとく打ち破っているのがイスラボニータという馬です。なにかのジンクスがあった方がむしろ良いとさえ私は思っています。


まずはおそらく水曜日に行われるであろう追い切り映像を見てまた更新したいと思います。

WIN-WINな社台レースホース、サンデーレーシング会員紹介キャンペーンのご紹介

一口馬主界の重鎮、社台レースホース、サンデーレーシング(以下、社台と表記)のカタログ配布時期(5月中旬くらい)が迫ってきました。

今回、社台では現社台会員による会員紹介キャンペーンを行っています。このキャンペーンが紹介する側、紹介される側、どちらにもWIN-WINで仮に最終的に一口馬を買わなくても、通常なら3240円払わないといけないカタログ代を払わなくも良い…という素晴らしいキャンペーンになっています。

(馬はたぶん買わないけど社台のカタログ・DVDがタダで貰えるんなら欲しいなぁ)

(買わない可能性は高いけどタダでカタログをGET出来て、一口馬主募集に応募出来るんならやってみようかな)

という方、ぜひぜひご利用ください。

社台のカタログ・DVDは、後のG1ホースの1歳時の立ち姿や歩く映像がある可能性が高いので、単純に馬を勉強するのにとても貴重な資料となりますよ。私は過去10年くらいの、自分に届いたすべてのカタログ・DVDを保管して研究に役立てております。


なお、紹介される方に必要な情報は以下の通りです

※氏名(ふりがな)
※年齢
※職業
※郵便番号
※住所
※電話番号(携帯可)
※送付先希望(自宅か勤務先)

こちらを私ランキンのツイッターにダイレクトメッセージでお送りください。

twitter.com

社台会員の知り合いなんていねえよ…という方、こちらの情報を私にお伝え頂ければ、私で良ければ私から社台の連絡フォームに入力します。

続きを読む

ランキン馬主への道? その499 イスラボニータの高松宮記念出走可能性はほぼゼロに…

2017年02月15日
美浦TC

4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。レースは2ヶ月後なことから、ゆっくりと立ち上げているところで、きょう15日(水)は角馬場でほぐしてから、軽めに坂路2本駆け上がるという調整メニューを行っています。


2017年02月10日
美浦TC

本日2月10日(金)美浦TCへ帰厩しました。4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)を目標に調整していきます。

f:id:mtansince2001:20170216170206j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その498 バンゴールはこれまでの鬱憤を晴らす快勝!

2017年02月15日 

美浦TC

快勝後も大きな変わりはみられません。もう少し厩舎に置いておいたうえで、次走を検討いたいます。


2017年02月11日
美浦TC

2月11日(土・祝)東京9R・テレビ山梨杯(芝1800m牝馬限定)に55kgルメール騎手で出走し、1番人気馬の追撃をクビ差封じ、4勝めを挙げました。勝ち時計は1分48秒0、馬体重は前走から18kg増の434kgでした。中団追走から4コーナーで徐々に差を詰め、最後の直線では外からしっかりと伸びてくれました。人気馬の進路を気にかけながら、仕掛けどころを見極める完璧な騎乗で、またそれに馬も応えてくれました。まさに人馬一体の勝利と言えるでしょう。

レース後、ルメール騎手は「スローペースにもかかわらず、しっかりと折り合ってくれました。前走は追い出すタイミングが遅れてしまい、ご迷惑をおかけしましたが、今日は絶好のタイミングで追い出せたと思います。長くいい脚を使ってくれました」と話しています。また、尾関調教師は「今日は完璧な勝利でした。次走はレース後の状態をみてからになりますが、この春は福島牝馬S(G3・芝1800m)に挑戦させたいと考えています」と話しています。

f:id:mtansince2001:20170216164602j:plain

f:id:mtansince2001:20170216164612j:plain

f:id:mtansince2001:20170216164620j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その497 バンゴール、テレビ山梨杯は7枠12番から発走

2017年ランキン厩舎の開幕戦を担うのはバンゴール。気になる枠は7枠12番からとなりました。う~ん、また外枠になってしまいましたね。ただ、勝った3レースは13番、11番、9番と「やや外枠」になった時なので、これは吉兆と捉えさせていただきます。

f:id:mtansince2001:20170202204853j:plain

ここ二走のバンゴールは新潟戦が出遅れ、前走も出負け…とゲートで後手を踏んでいましたので、とりあえず奇数よりは偶数の方がマシでしょう。

人気になりそうな馬では、アドヴェントス、アースプレイ、アンドリエッテあたりはバンゴールよりも内。唯一レーヌドブリエが15番大外になりました。

アヴェンチュラの全妹の良血アドヴェントスは奇数ですが2枠3番と絶好枠なので一番人気になるでしょうね。ただ、この馬の前走レースを見てみましたが、そこまでめちゃくちゃ強いって感じでもないですね。まあ普通の1000万入着クラスといったところ。底力のある血統というわけでもないので今回から壁にぶち当たる可能性も十分あるでしょう。もしレースで近くにいたら恰好のマーク相手になります。

続きを読む

ランキン馬主への道? その496 イスラボニータ、高松宮記念に挑戦してくれ!

2017年02月08日 

山元TC

あさって(金)の美浦TC帰厩を予定しています。4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)が目標で、厩舎でじっくりと調整してレースに向かいます。


2017年01月28日
山元TC

4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)を目標に調整を続けています。現在は周回コースと直線坂路を併用して、ハロン18~16秒のキャンターを2本乗っています。速めはまだ行っていませんが、何も問題なく良い動きを見せてくれています。現在の馬体重は501kgです。


2017年01月14日
山元TC
競馬の疲れはそれほどありませんでしたが、目標レースは4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2、芝1600m)とまだ日にちがあるため、じっくりと構えています。

現在はウォーキングマシン90分とトレッドミル15分のみの調整で、週明け1月16日から騎乗運動を始めていく予定でいます。現在の馬体重は508kgです。


2016年12月28日
山元TC

前走レース後は変わりなく、昨日12月27日(水)に山元TCへ放牧に出ています。この秋は3走とも2着でしたが、マイル以下の距離で安定した成績を残すことができました。

今年の安田記念後の疲労回復に予想以上に時間がかかったことも踏まえて、今後は少し休養期間を長く取ることにして、来年の春は4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2、芝1600m)から始動して、6月4日(日)東京・安田記念(G1、芝1600m)を目指すローテーションを考えています。

f:id:mtansince2001:20161121210714j:plain

続きを読む