一口馬主の喜怒哀楽

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

日本縦断オフ、前半戦無事終了

日本縦断オフ、前半戦無事終了


これは昨日、今日の日記。ニート32日目。

ダイジェストでサラッと。


花巻を後にした私は、前半戦最終目的地の青森を目指して北上。

国道4号から282号へ。途中までは特に問題はありませんでしたが、八幡平市というところあたりから雪がチラチラと。

それでも、これくらいなら大丈夫…と進む。

山深い、安代というところになると、国道のクセに周りに私以外のクルマが居なくなる(汗)。


それでも一般道を走っていくが、湯瀬という温泉街を越えたあたりから、いよいよ雪が激しくなってくる。


う~む…やばいかな~…と考えながら走ってると、ようやくちょっとした街に。

ふと道路脇に立ち寄り温泉が!!!


「五の宮の湯」
http://www.5noyu.com/index.html

気づけば盛岡を出て、M単と日記更新のためにネットカフェにも3時間いたけど8時間くらい経過している。

とりあえずちょっと一息入れるにはもってこいのタイミングで現れてくれました。

1時間くらい温泉に入って、すっかり温まって外に出ると、雪はさらにひどくなってました…。

おぅ…。

さすがにこれ以上は土地勘のないところの一般道はちょいと危険と判断して高速へ。

高速も似たようなもんだと思いますが、まだマシだろう…と。

かなり激しい雪で、前が見づらかったですが、4車線の立派な高速道路だったので助かりました。

とりあえず対向車線に飛び出す心配はないし、向こうから突っ込まれる心配がないだけでもありがたいです。

これまでの運転歴で培ってきた「勘」で、豪雪地帯を抜けて青森へ。


しばらく走っていると道の駅があったので、日付も変わったので今夜はここで過ごす事にする。

なんだかんだで、クルマの中で一晩を越すのはこの縦断オフでは初めて。


どこでも寝れてしまう私は、ぐっすりと朝まで寝てスッキリ爽快。

金曜日なのでまだ平日。クルマが混むかどうかわからないけど、少ないうちもっと近くまで行こうと6時頃に出発。


青森市内はどって事なかったですが、つがる市というのがちょっと怖い。

まわりに何もないため、雪と道路の見分けがつかないんですよね(笑)。こんな感じ。

雪にはまるパターンで多いのは、このような状態の時に、まっすぐ進めなくなり、道路脇に集められている雪に突っ込んでしまい車体が浮いてジ・エンド…というところでしょうか。




どこまで道路か分かりますか?走ってると視界は狭くなりますから、実際はもっと分かりづらいです。

=====

※マメ知識
仮にそのようにして嵌まりかけてしまったら、すぐに「バック」する事。絶対にしてはいけないのは、強引に雪を押しのけて(崩して)前に進もうとする事です。

強引に前に進むと、かなりの確率で嵌まってしまい、自力で脱出出来なくなります。そうなったら最後、あとは延々とスコップで雪を搔くか、ワイヤーで引っ張ってもらうか…になります。

嵌まりかけた瞬間にすぐに停止し、その状態でまっすぐのままバックをすれば戻れる可能性は高いです。

クルマは除雪車や流氷砕氷船ではありませんので(笑)、強引に雪を押しのけようというのは自殺行為です。

なんでそんな事知ってるか?

そりゃあ、過去に自分で経験した事があるからに決まってるからじゃないですか(笑)。嵌まると恥ずかしいし、寒いし、クルマは痛むし、最悪なんで気をつけてくださいね。

=====

初めて通るにはちょいと危ないかな~…と思い、安全策。

ハザードをつけて横に寄せ、地元のクルマを先にいかせて、そのテールランプについていきました。




途中でブサイク犬わさおがいるお店を発見。

イカスミやスルメを購入。わさおもパシャリ。

小屋にいる分には、このただのボーッとした犬が今度は映画にもなるそうな…。

ヒットしそうな気はしないが…(ォィ)。


そんな感じで目的地の鯵ヶ沢に到着!8時から駅前の温泉がやっているのは調べていたので、昨日の夜に入ったばかりだけど、また温泉へ。

鯵ヶ沢温泉 水軍の宿
http://sugisawa.co.jp/suigunnoyado/

朝はかなり吹雪いていたのでほとんどお客さんはおらず貸切状態。

2時間ほどのんびりと身体を洗ったり、サウナに入ったり、湯につかったりとのんびり~。




その後は待ち合わせ場所の「海の駅わんど」へ。

1Fは魚市場や野菜市場、お土産屋になっており、なかなか目を引くラインナップ。

魚はでかくて安かったのですが、一人では食べきれないし、名古屋に持って帰るまでが大変なのでパス…。

野菜を見ていると、リンゴが5個で150円とかありえない安さ。一応、キズ有りと書いてあったが、食べる分にはまったく支障はない。


お土産も購入して、あとはこの旅のもともとの目的である★スンイチローさんを待つばかり。

ただ、まだ時間がある。ふと2階を見ると、なにやら相撲記念館らしきものが…。




なんとこの鯵ヶ沢は知る人ぞ知る、力士の出身地の宝庫で過去に何名もの幕内力士を輩出している。


その中でも一番知名度があったのが「舞の海」。舞の海のこの町の出身だったのだ。へ~ほ~は~。


あまり期待せずに二階に上がったのですが、なかなか凝ったつくりの相撲資料館。

相撲に対する「愛情」が伝わってくる。

そして、ロビーでは舞の海の名勝負特別DVDが放映されていた。




これがなかなかの出来で、舞の海が勝った一番や負けた一番も含めて、名勝負が延々と流されているのだ。


VS小錦
VS曙
VS北勝鬨
VS琴稲妻


有名な八そう飛びから、猫だまし、内無双、首投げ、下手投げ…


おお、覚えてる覚えてる。


舞の海はかいくぐるような立会いとか、小技で相手をかく乱した…みたいなイメージも強いが、土俵際での投げの打ち合いで勝ったり、勝負際での強さが光る。

あれは相当な足腰の強さがないと無理で、単なる業師ではない。

相撲は無差別級だが、もし体重別の相撲があれば、舞の海はあの体重のクラスなら文句なしに最強だと思った。

まあ名シーンばかり見てるからそう思えてしまう(笑)。


そんなこんなでかなり相撲で楽しんでいると、★スンイチローさんからメールが。

早めに来てくれたようだ。早速ご挨拶。

意外にも小柄。しかし、思ったとおり優しそうで、それでいて芯の強そうなお顔立ち。

ただ、期待していた?青森のなまりはまったくありません(話そうと思えば話せるらしいですが)。青森といっても、高齢者以外はだいぶ標準語化されてる感じがしました。

結局、東北弁なんてこの旅で一度も聞かなかったもん。


当初予定していたところが臨時休業。なんと!

しかし★スンイチローさん、サッと携帯を取り出すと、別のお店を手配。

なんという手際良さ!カッコイ~。キャー!


途中で、まさに演歌のごとく日本海の荒波や、イカ焼き屋に遭遇して、そのたびに「おおお~すごいすごい」とうるさい私(笑)。







そうこうしてるとお店について、お任せ定食。




見てくれこのボリューム!お殿様になった気分です。


血統フェスティバルの事や、競馬の事、M単の事、一口馬の事などなど…。

これまで、決してたくさんのやりとりをしていた(私などがそんな気軽にメール出来る方でもない)わけではないのですが、楽しくお話が出来ました。

そしてこの豪勢なお食事をご馳走になってしまいました。本当にありがとうございます。(※これから私と会って頂ける方はお気遣い無用ですからね。割り勘です。)。


ただ、青森という事もあり、この天気。そろそろ…という事で、楽しい時間はすぐに過ぎてしまいました。

またいつかの再会を誓ってガッチリと握手を交わし、お別れ。お土産まで頂いてしまいました。


さて、楽しい余韻もそこそこに、この天候が怪しい…。

鯵ヶ沢は問題なかったのですが、やはり難関は「つがる市」!


来るときも怖かったですが、帰りはさらにひどい。




お昼の14時なのに視界が悪すぎる…。前の車とそんなに離れていないのこんな感じ。




対向車なんて見えないところから突然現れてきます。


それでも、まあ大丈夫…と走っていたら、完全に流れがストップ。

どうやら前の車が立ち往生してる模様…。ちょうどすぐ近くにコンビニがあったのでそこに駆け込んで様子を見ることにしました。




これがコンビニの駐車場から見たすぐ前の国道の交差点。雪の山と道路の区別がつかない。

雪がもうすごい「質のいい」サラサラの粉雪で、地面に落ちても、クルマが走ったり風が吹くと、その粉雪がブア~ッと巻き上がるんですよ。


スキー場の雪製造マシンみたいな感じになるんですよね。

私も、それなりに雪道は仕事で経験していて、ちょっとやそっとではビビらないのですが、このような「地吹雪」というのは人生初体験。


すぐ目の前で何台も立ち往生してるんで、おとなしく3~4時間くらい待機してました。


夕方になって、雪が少し小康状態になり、除雪作業も進み、クルマの流れが正常になった感じ(とは言え、少しずづだけど動く…という程度だが)。

この隙に、青森を脱出するしかない…と意を決して、再度国道へ。少しずつ進みながら五所川原市へ。

このあたりまで来ると、交通も分散されてだいぶマシ。30kmで走れることがこんなに速く感じるとは(笑)。


どうにか日が暮れるかどうかで東北道に入る。

高速道路は昨晩よりもだいぶマシ。つがる市の地吹雪に比べればアクビが出てくる。

わざと滑らせてドリフトを楽しみながら(ォィ)、軽快に岩手へ。



その後も通行止めやらあったりもしましたが、特に問題もなく。

仮眠も入れてちょうど24時間ほどで名古屋まで帰ってこれました。これで1000円はいいね(笑)。


新潟の天気も今日はマシ。今夜からまた大雪も…と言っていたのでラッキーでした。


…というわけで、日本縦断オフ前半戦は無事に終了。


★鴉天狗さん、★ヒヨコさん、★犬彦うがや君、★かっちゃん、★甘利千曲さん、★とんぱんさん、★みのりみのりさん、★えむさん、★スンイチローさん、皆様、お忙しい中でお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。


正直、まったく疲れておりません(笑)。これは自分でもビックリ。

皆さんとお会いするたびに、身体と心がリフレッシュ出来るんで疲れがたまらないんですよ。

各地で皆さんが待っていてくださったのでとても楽しく過ごす事が出来ました。ありがとうございました。


細かなアクシデントはありましたが、今週は最高に楽しい一週間となりました。


=====

おまけ




新潟でひっくり返ってる車が…。

ご覧の通り、この日の新潟は道路に雪は残ってなかったので、完全にこのクルマの不注意でしょうね。

おおかた、携帯でもイジっていて、中央分離帯に積もった雪にツッコんでバウンドした…と見ましたが。

ここまでキレイにひっくり返ってるの初めて見た。

======

画像では分かりづらいと思うので…地吹雪の動画。

だいたいの雰囲気はこんな感じです。向こうから人が走ってくるけど、全然分からないでしょ。


ホワイトアウト
http://www.youtube.com/watch?v=-pLWDg0c6uc&feature=related



…て言うか、私もデジカメで動画撮ればよかったのか…しまった…。