一口馬主の喜怒哀楽

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

東スポ蛯名騎手のコラムより

今でも悔いが残るのは15年マイルCSで1番人気に支持してもらったイスラボニータで出遅れたこと。もっと自分に腕があれば、ゲート内でうまく卸すことができたんじゃないか…ってね。

f:id:mtansince2001:20151230210932j:plain

公式レポートとかレース後のコメントではそこまで分からなかったのですが、このコラムではかなり悔やんでるようですね。

なんと言いますが、一口出資者としては救われます。

ゲートまではいつも通りだったんですよね。いざゲートに入って急にガチャガチャしだんですよ。それでも二の脚は速い馬なので最近は大丈夫だったのですが、ここ一番であの超大出遅れはホントに痛かったです。

横に飛び出して左右の馬に迷惑を掛けつつ、まったく前に出てませんでした。新馬戦以上の出遅れでした。五分にさえ出ていれば勝てた…と一口出資者としては思うんですよね。

出遅れたりするのも馬にストレスが溜まっていたりと、心身のバランスが完璧ではなかった可能性もあるんですが、やはり悔やまれます。


このコラムを読んで、一つ確信した事は、2016年もイスラボニータの鞍上は蛯名騎手で間違いないな…と。

安田記念でダノンプラチナと今度こそかち合う可能性が高いのですが、きっと蛯名騎手はイスラボニータを選んでくれるだろうな…という事です。


私は何が何でもこのコンビで…とまでは固執していませんけど、やはりクセを知っている蛯名騎手が乗ってくれれば安心ですしね。

馬柱が綺麗な方がいいですし(ォィ)。


そういう事で、頼むぜ、蛯名騎手!