一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その431 ルナディミエーレ、天栄では順調

2016年03月14日
NF天栄

現在は周回コースでハッキングキャンターを3600m、週2日は坂路でハロン14秒のキャンターを1本消化しています。

この中間にじっくりと乗り込まれたことにより、毛ヅヤは良化し、坂路での行きっぷりも良くなっています。

4月17日(日)福島・芝1200m牝馬限定戦を目標に順調に調整が進んでいます。現在の馬体重は509kgです。

 

2016年02月27日
NF天栄

現在は周回コースでハッキングキャンターを3600m、週2日は坂路でハロン14秒のキャンターを1本消化しています。

前走の疲れは抜けており、しっかりと乗り込むことができています。

まだ毛ヅヤという点には物足りなさはありますが、この調子で乗り込んで行けば順当に良化していくはずです。

4月17日(日)福島・芝1200m牝馬限定戦での出走を目標に調整を進めていきます。現在の馬体重は501kgです。

 

f:id:mtansince2001:20160314132351j:plain

ランキン一口厩舎、2016年最大の懸念はこのルナディミエーレが未勝利を脱出できるか否か…です。

 

前走は新馬戦以来の芝レースに出走、これが吉と出たのと、初めてスタートを成功させた事によって好位からレースを進め、そのまま雪崩れ込むカタチで3着。複勝圏内までの順位まで上がってきました。

 

ただ、前走の勝ち馬にはぶっちぎられていますし、新馬、未勝利戦のライバルたちのその後の結果を見ても、まともだったのは新馬戦のアルジャンテくらいで、かなり弱い面子(前走の勝ち馬は500万でも勝ち負けしそうですが…)だったのにようやく3着に入れた…という事実は重いです。

 

前走で優先権を得たので続戦かと思いきや、東京、中山には芝1200mのレースがない…という事で4/17の福島戦まで待機となりました。

 

8月の未勝利戦で5着以内じゃなければ事実上終戦ですから、残された期間はあと5ヶ月。この福島開催で決めてしまわないと、徐々に雰囲気は重ぐるしいものになっていきそうなだけに、なんとかしてほしいところです。

?

前走でスタート決めたあと、柴山騎手は立ち上がり気味にルナディミエーレを抑えていましたが、追っても味のない、一本調子の馬だけに、スタートを決めたのなら、無理しない程度にそのまま気分良くいかせてしまった方がいい…と私は思います。

 

これまでのレースで極端にバテた…というレースもないので、抑えても(思ったほどに)伸びないのなら、その分貯金を溜めてしまった方(前にいってしまった方)がいいと断言します。

 

G1レースを勝つのも大変ですが、未勝利を勝つのも大変ですし、その馬のその後の生命も掛かっているだけに、なんとかルナディミエーレには一つ勝ってもらいたいです。