一口馬主の喜怒哀楽

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その435 ルナディミエーレ、福島戦に向けて順調

2016年03月31日 

美浦TC

4月17日(日)福島・芝1200m牝馬限定戦に出走予定です。

本日(木)ウッドチップコースにて単走で追い切りました。

黒岩調教師からは「具合は非常にいいので、勝たせたいですね」とのコメントがありました。

2016年03月31日
助手 美南 W 良
39.9-12.6
8 馬ナリ余力

f:id:mtansince2001:20160331161057j:plain

ランキン一口厩舎、2016年最大の懸念材料であるルナディミエーレですが、4/17(日)の福島に向けて、まずは順調な出足…と言ったところですね。

 

もう少し長めを追って欲しかったところですが、まだペースアップは早いという事でしょうか。それでも40秒を切って、ラストも12.6なら、ルナとしては上々です。

 

決め手がないなりに少しずつですが、調教ではラストの時計が出るようになってきてるのは良い傾向です。これは12.2とかになればもっと期待が高まるのですが…。

 

あと、福島では誰が乗るのかも気になるところです。皐月賞当日という事で一流ジョッキーは中山に行ってしまうでしょう。柴山騎手は今年の牡馬クラシックに出れそうな馬は居たのかどうか…。

 

ただ、バンゴールの消極的な騎乗を見ていると、西の福永、東の柴山…と言った感じで、どうしてもレース後に物足りなさが残ってしまうんですよね…。

 

以前だったら「中館騎手」がいたので、今のルナみたいな競走馬にはとても合いそうだったのですが…。今だとどうなんでしょう。

 

柴山騎手が福島にいくなら柴山騎手で決まりでしょうね…。そうじゃない場合、積極的に乗ってくれる騎手がいるといいのですが…。