一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その436 イスラボニータ、復活をかける大阪杯

2016年03月31日 

美浦TC

今週4月3日(日)阪神11R・大阪杯(G2、芝2000m)に蛯名騎手57kgで出走が確定しています。

スタートを決めて、いつもの伸びを繰り出してもらいたいところです。

 

2016年03月30日
美浦TC

今週4月3日(日)阪神11R・大阪杯(G2、芝2000m)に蛯名騎手57kgで出走を予定しています。

同レースはフルゲート16頭のところ、(水)現在の想定では11頭が出走を予定しています。

きょう30日(水)は調教助手が跨ってウッドチップコースで5Fから70-40秒程度の時計をマーク、併せた馬をゴール直前でサッと交わすという内容で、反応も上々でした。

先週のゲート練習ではハミを取ってスパーンと出ていっており、あとはレースで上手に出ていくかだけです。

f:id:mtansince2001:20160401115257j:plain

イスラボニータ、個人的にはもう後がない…という気持ちで見守っているのですが、大阪杯の枠順は4枠4番となりました。偶数ですし外枠じゃないのでヨシとしましょう。

今のイスラボニータの場合はまず自分できちんとスタートを決めないとどうしようもありません。悪くても五分で出てラブリーデイと併走か、ラブリーデイの1列前の3~4番手でレースをしてほしいところですね。

最終追い切りはゴール前だけ足を伸ばす軽めの調整。先週かなり負荷を掛けているので、輸送も考慮して今週はコレで良いという判断のようです。

レーシングビュアーでイスラボニータの追い切りの様子を見てみましたが、仕掛けられた後は良い伸びを見せていました。この緩急をつけた調教が吉と出てくれる事を祈ります。


競走馬のピークは短いですし、どの馬にもいつか衰えは来るものです。

ただ、イスラボニータはまだ「その時」ではない…と私は思っています。少なくとも今年1年はG1を勝てるだけの実力を持っていると思います。


前走の大敗で人気はまったくありません。「フジキセキ産駒は一旦頭打ちと見せかけてもう一度伸びる」…というのは私がイスラボニータデビュー前から言い続けている事。

阪神競馬場で「復活のイスラボニータ」を見届けたいと思います。