一口馬主の喜怒哀楽

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その464 イスラボニータ、まったりモードな放牧中

2016年06月27日 

山元TC

山元TC到着時のチェックで、左前の歩様に硬さが感じられました。

マシン運動のみにとどめたことで歩様が戻りましたので、今は周回コースで軽めキャンターを1本乗っています。

状態を見ながら調整していく方針で、今後の予定はまだ立てていません。現在の馬体重は494kgです。

f:id:mtansince2001:20160630111252j:plain

どうも、左前に違和感…といかないまでも、少し硬かったという事でした。

2~3歳時は「柔らかい」と言われていたイスラボニータに「硬い」と言われる日が来てしまうとは…。

人間でもそうですが、歳をとればどうしても硬くなってしまうんですね…。


ただ、どこか故障したわけでもありませんし、歩様は戻ったようなので何よりです。

このため、現在ようやくキャンターを乗ってる…という状態のようで、まったく臨戦態勢ではありません。


一部のメディア?では札幌記念…にイスラボニータの名前が載ったようですが、このような状況であと2ヶ月を切った札幌記念に出れるとは到底思えないのですが…。


まあ、知らないうちに勝手に出るといわれ、勝手に回避しやがって…と言われてしまうんでしょうね…。


北海道となると社台ファームが放牧先になるかと思うんですが、3歳時に社台ファームのダートコースで調子を崩したことがあるので、北海道にはいかないと思うんですけどね…。


まあ、そのうちハッキリとするでしょう。


なんだかんだで春は3レース走ってくれたのですから、しっかりと疲れをとってほしいものです。