一口馬主の喜怒哀楽

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その468 イスラボニータ、とりあえずキャンター消化までは復帰

イスラボニータ 一口馬主

2016年07月28日
山元TC

その後、左前肢のさばきの硬さについてはだいぶほぐれてきており、この中間から周回コースにてハロン20~18秒ペースでのキャンターを1本消化しています。

このまま順調に立ち上げていくことができれば、秋頃の復帰が視野に入ります。

現在の馬体重は491kgです。

f:id:mtansince2001:20160724092135j:plain

う~ん…、とりあえずキャンターに入った…という感じですね。

淡々と書かれてますが、状態はあまり良くないのかもしれませんね…。

左前脚といいますと、今年の大阪杯後に


前走レース直後は問題なかったのですが、昨日4月5日(火)午後になって、左前肢球節の内側部分に親指くらいのしこりと熱感があるのが確認されました。4歳春に大阪杯を回避する原因となったときと同じ箇所で、すぐにJRA獣医師を呼んで診断を受けたところ、レントゲン検査で骨には異常がなく、患部を圧しても痛みはありませんでした。その後のきょう6日(水)朝には、前日の症状がうそのように患部はスッキリして熱感もなくなっているのが確認できました。しこりの原因は特定できていませんが、おそらく厩舎の中でぶつけるかしての一過性の症状だったと思われます。


こんな事がありました。昨年の春全休となった原因も左前です。どうもイスラボニータは左前に爆弾を抱えてるような感じになってしまってるようですね…。


これだけの素質があった馬だけに、G1が皐月賞の1つだけではとても寂しく、なんとかもう一度栄冠を…とだけ願っているのですが、なかなか道は険しそうです。