一口馬主の喜怒哀楽

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その472 バンゴール、万全の状態で一週前追いきりを消化

2016年08月03日
美浦TC

来週8月13日(土)新潟・三面川特別(芝1800m牝馬限定)に戸崎騎手で出走予定です。

本日(水)ウッドチップコースで追い切り、815-683-532-392-125の時計をマークしています。

調教での動き、馬体の張り、体調面と不安要素はありません。

十分勝ち負けできる具合にありますので、あとは相手ひとつと言えそうです。

2016年08月03日
助手 美南 W 稍
84.7-68.3-53.3-39.2-12.3
レーヌドオリエント(古500万)強目の外を0.4秒先行0.4秒先着

f:id:mtansince2001:20160627143216j:plain

バンゴールは引き続き戸崎騎手でレースに臨むようです。これは何よりも朗報でしたね。バンゴールだけに乗りくる…としても来るだけの価値のある馬だと思います。

実際には他にも有力馬の騎乗はあるんだと思いますが、間違いなく勝ち星1つ計算できる馬としての騎乗でしょう。また戸崎騎手が乗るという事は、当たり前の話ですが相手に戸崎騎手は居なくなる訳なので、そういう意味でもありがたいですね。

不安がないわけではありません。まずは初めてとなる新潟競馬場への輸送。東京競馬場への輸送の数倍の距離があるので、かつて東京競馬場への輸送でも-20kg以上減らしていたバンゴールが対応出来るのかどうか。

そして前走でも(良馬場発表だったが実際には当日朝雨が降っており緩い良馬場だった)そうでしたが、雨が降ったりして少しでも緩い馬場になってしまうとバンゴールの武器である切れ味が削がれてしまう事です。 

硬すぎても故障の心配があるのですが、基本的にレース前2日間くらいは一滴も降らないパンパンの馬場が理想ですね。

既に快勝している1000万下条件ですが、前走は取りこぼしてしまいました。いずれは勝ち上れるのは間違いないですが、この馬は条件クラスにいて許される馬ではありません。そう言った意味では二度目の取りこぼしは厳禁です。

前走で久しぶりに乗った戸崎騎手も、この馬もクセを改めて理解してくれた事でしょう。

圧倒的人気が予想されますが、それに応えてほしいですね。がんばれ、バンゴール!