一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その482 イスラボニータ、富士Sは悔しいけどホッとした2着

2016年10月22日 

美浦TC

10月22日(土)東京11R・富士S(G3・芝1600m)にルメール騎手58kgで出走、馬体重は前走から6kg減の482kgでした。

スタートを決めると、道中は先団で構えていきました。重賞のマイル戦としては緩い流れの中、勝負どころではグッと馬群が凝縮し、前を行く勝ち馬を目標にして脚を伸ばしましたが、なかなか差が詰まらず勝ち馬から3/4差の2着でゴールしています。

レース後、ルメール騎手は「スタートが良く、道中は勝ち馬を見る位置から進めていくことができましたが、緩い流れで前が止まりませんでした。でも、これを使ったことで状態がグンと上がってくると思います」と話しており、栗田博憲調教師は「ペースが遅く、馬が掛かりそうになっていましたが、上手くルメール騎手がなだめてくれていたと思います。今回は休み明けでもう一歩という感触がありましたので、次はもっと走れる状態になるでしょう。予定通り、11月20日(日)京都・マイルチャンピオンシップ(G1・芝1600m)へ向かいます」とコメントしていました。

f:id:mtansince2001:20161022210428j:plain

お店で仕事をしつつ、パドック、返し馬、発走時間…とそれぞれの場面で家に戻りグリーンチャンネルを観る(パートさんに「もうずっと見てていいですよ…」と言われたがずっと見てると落ち着かないのでそのたびに店に戻っていた…)。

パドックでは勝馬の野口さんに酷評されるも、いくらなんでもそこまでヒドイ出来でもない。

最近は大人しすぎた印象があっただけに、煩いくらいでいいと思いました。あとロードクエストの左後脚の運びはいかにも変な感じ。いつもああなんでしょうかね?誰にでも分かるくらいギクシャクしてましたけど…。あんなんで走れるのか?

ダノンプラチナもちょっとポッチャリした感じですし…。やはり他の馬も大した出来ではないと思いました。

 

ただ、少し煩いイスラボニータ、そうなると出遅れの方がちょっと心配…。

返し馬、グリーンチャンネルでは走ってる姿が映らない…何やってるんだよ~、イスラボニータを映せよ~。

いよいよ発走。やはり後入れはいいですね。当たり前ですが待ち時間少ないです。…って言ってるそばから少しゲートの中でチャカつくイスラボニータ。

「落ち着け!落ち着け!」

焦る私。ただ、どうにか落ち着いた…。

スタート!

五分のスタートを切ったイスラボニータ、いけいけ今回は先行するんじゃ!

…と思ったがヤングマンパワーが逃げる?くらいの勢い、さすがにそこまでは追いかけずに追走。少しすると二頭がいって4番手のイン。淡々とした流れ。

3コーナー…少しヤングマンパワーとの差が広がる。う~ん、もっとグイグイと追走して欲しいのだが…。600m通過が36.6という超絶スローペース…。ああ…もっと前にいた方が良かったんじゃないのか?

4コーナー、持ったままで追走ルメール騎手。

直線、ヤングマンパワーの後方のまま追走するイスラボニータ。まだルメール騎手は追わない、一瞬ヤングマンパワーの外が開いたように見えたがそこには飛び込まないルメール騎手…。大丈夫か~?

…と思った瞬間、インにコース取り。うおおお、インかよ!荒れてないのか?

 

(伸びるのか?…伸びるのか?)

 

テレビ画面からは見づらい角度になるが…

 

(イスラボニータ、伸びてる?伸びてるよな?キター!)

 

「差せ!差せ!」

 

奥さん、息子(キャッキャッ)と皆で大応援!

 

が…しかし、ゴール前では脚色が同じに…そのまま2着でゴールイン。

 

テレビ中継のライブ観戦ではこんな感じでした。

 

う~ん、久々の勝利はならず…。中間の頓挫があっただけに低評価を覆しての2着は嬉しいですが、やはり2着は悔しい…。でも久々に連対してホッとしました。賞金加算されますしね。

 

10回ほどレースを見直しましたが、何度やっても2着…(苦笑)。2着は仕方ないのですが、もう少しゴール前の場面で勝ち馬に詰め寄ってもらいたかったですね。クビ差まで迫るも届かず…とか。つまり、脚色が一緒になってしまってヤングマンパワーには届かないな…後ろからは来てないな?…と毎日王冠の悪夢で後ろを気にしてしまった事が悔しいのです。

そこが不満ですが、なんといっても今回は良くみても7分程度の仕上げに58kgの斤量。

悲観するものでもないでしょう…と無理矢理自分を納得させます。

 

古馬になってからはひと叩きしたら必ず上昇してくるのがイスラボニータです。

毎日王冠3着→天皇賞3着→マイルCS3着

中山記念9着→大阪杯5着→安田記念5着

 

今回は幸先よく休み明けを2着。それならばマイルCSでは1着を獲ってもらいましょう

スポニチではマイルCSもルメール騎手…という記事が乗っていました。おそらく今回は初めからそういう予定だったのでしょう。G1に乗せてくれる約束があって今回の騎乗になったものと推測されます。ただ、それでも今回大敗したらルメール騎手の方からお断りされる可能性もあったので、及第点のレースをしてくれて鞍上とも次に繋がったのも良かったです。

改めて内枠の方がイスラボニータは競馬がしやすい…という事がよく分かりました。こうなってくるとマイルCSもどうにか偶数の内枠が欲しいですね。悪くても半分よりは内で…。

運も必要になってきますが、そこはまだ少し先の話。楽しみにしましょう。

 

まずは復帰戦で健在ぶりを示してくれたイスラボニータを称えたいと思います。お疲れ様イスラボニータ、本番での久々の勝利を目指して頑張ってくれ!

※相変わらずカメラ見つけてはガン見してたみたい。これも偶然じゃなくてテレビカメラを見てるんですよね。