一口馬主の喜怒哀楽

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その491 バンゴール、ようやく上り調子に

2016年11月28日 

NF天栄

だいぶ馬体はふっくらとして、毛ヅヤも良くなりました。そこで、先週からトレッドミルの運動に加えて、周回コースでハッキングキャンター2400mのメニューを開始しています。

乗り出してからも活気にあふれており、コンディションの良さがうかがえます。ここから負荷をかけて鍛えていけば、いい状態で美浦TCに送り出すことができそうです。現在の馬体重は451kgです。

f:id:mtansince2001:20161114170610j:plain

前回までは「毛づやが悪い」「活気がない」などと散々なレポートでガックリしていたのですが、2週間を経過して一気にトーンが上がってきました。

サンデーレーシングのレポートは良くも悪くも事実のみを伝えてると感じていますので、ようやく調子が上向きになってきたと見て良さそうです。

今からならば、なんとか2月の東京開催に間に合うのではないでしょうか。また今年も昨年と同じく調布特別から始動になるかもしれませんね。