一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その500 イスラボニータ、マイラーズC今週末の出走へ

2017年04月17日
美浦TC

今週4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)に特別登録しました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて13頭の登録にとどまっています。


2017年04月12日
美浦TC

来週4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

きょう12日(水)はウッドチップコースにて5Fから68.4-53.0-38.7-12.7秒の時計を一杯に追われてマークしました。

2頭併せで3馬身ほど前を進んだ準オープンの馬を追いかけ、2馬身ほど遅れてしまいましたが、ゴール前ではしっかりと追われて1週前で思惑通りの負荷をかけることができています。


2017年04月06日
美浦TC

4月23日(日)京都・マイラーズカップ(G2・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

きのう5日(水)はウッドチップコースにて5Fから68.7-53.4-38.6-12.4秒の時計をゴール前で仕掛けられてマークしています。

終いの反応は良好で、来週の1週前追い切りではもう一段階上げて、仕上げを施していきます。

※また口取りをしてイスラボニータと見つめあいたいものです…

f:id:mtansince2001:20161118142042j:plain

 

さてイスラボニータ、勝手に高松宮記念に出るのでは…?…と盛り上がっていたのですが、あっさりとパスされまして今週末のマイラーズCへの出走。

結果的に湿った馬場での開催だった高松宮記念でしたので、スルーして良かったなあと(シレッ)。


そんなわけで早くからの予定通りだった今週末のマイラーズCで、待ちに待ったイスラボニータの復帰です。

登録馬は13頭。思った以上に少なかったですね。なぜか1000万でも大差で連敗している馬が登録しているので実質12頭立てでしょうか。


アクションスター 56.0
イスラボニータ 57.0
エアスピネル 56.0
クルーガー 57.0
サンライズメジャー 56.0
シェルビー 56.0
ダッシングブレイズ 56.0
トーアライジン 56.0
フィエロ 56.0
ブラヴィッシモ 56.0
ブラックスピネル 56.0
プロディガルサン 56.0
ヤングマンパワー 56.0


多くの有料馬の大目標が次の安田記念なのは明白ですが、イスラボニータとしても春は万全を期してここまで待機しての使いだしです。正直言えば結果が欲しいところです。

ここをピークにもっていけば確勝と言っても差し支えないメンバーだとあえて申し上げてしまいますが、今回で100%まで仕上げるわけにもいきません。

ここでは9分くらいの出来での参戦ではないでしょうか。休み明けで輸送があるパターンも初めてです。


ですが、もうイスラボニータも6歳。いい加減いい歳になってきましたので、ちょっとやそっとの事では動じなくなっているのではないでしょうか。

関東馬の成績があまり良くないレースとの事ですが、「そういうジンクス」をことごとく打ち破っているのがイスラボニータという馬です。なにかのジンクスがあった方がむしろ良いとさえ私は思っています。


まずはおそらく水曜日に行われるであろう追い切り映像を見てまた更新したいと思います。