一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その511 イスラボニータ、富士Sへ順調

2017年10月04日 2017年10月04日 美浦TC
再来週10月21日(土)東京・富士S(G3・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。
きょう4日(水)の追い切りは、ウッドチップ3頭併せのいちばん後ろから追いかけて、真ん中を走る同厩のオープン馬には先着を許したものの、鞍上は持ったままでゴールしています。
帰厩後はここまですこぶる順調な調整過程です。

f:id:mtansince2001:20170423222342j:plain

イスラボニータ、安田記念の後は少し脚に硬さがあっという事で心配したのですが、もう大丈夫のようですね。

今年の富士Sはロゴタイプやらエアスピネルやらが出走予定という事で去年よりも相手は強そうです。ただ、先着した事のある相手ですからイスラボニータ自身がしっかり走れば自然と結果はついてくるでしょう。

富士SからのステップでマイルCSというのは昨年も色々言われましたが、2着2着とはいえ結果は出しているので問題ないでしょう。

2年前の秋シーズンは3着、3着、3着、昨年の秋が2着、2着、2着でしたから、今年は1着、1着、そして香港(か有馬記念・笑)で1着して大団円での引退…を実現してほしいものです。 

2歳新馬戦開幕週で勝ち、クラシック皐月賞を勝ち、ダービー2着、古馬G1でも2着や3着があり、6歳春にG2勝ちする馬ですから、このままでも十分に種牡馬にはなれると思いますが、種牡馬としての待遇を良くするためにももう一つタイトルを取って欲しいですね。