一口馬主の喜怒哀楽

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その492 イスラボニータ、レース後も変わりなく順調

イスラボニータ 一口馬主

2016年11月30日 

美浦TC

12月24日(土)阪神・阪神カップ(G2・芝1400m)にルメール騎手で出走を予定しています。

きょう(水)は坂路で16-16程度の時計を計時しており、今週末12月4日(日)にやや強めのところを乗る見通しです。

f:id:mtansince2001:20161121210907j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その491 バンゴール、ようやく上り調子に

バンゴール 一口馬主

2016年11月28日 

NF天栄

だいぶ馬体はふっくらとして、毛ヅヤも良くなりました。そこで、先週からトレッドミルの運動に加えて、周回コースでハッキングキャンター2400mのメニューを開始しています。

乗り出してからも活気にあふれており、コンディションの良さがうかがえます。ここから負荷をかけて鍛えていけば、いい状態で美浦TCに送り出すことができそうです。現在の馬体重は451kgです。

f:id:mtansince2001:20161114170610j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その490 イスラボニータ、次走はなんと阪神カップ

イスラボニータ 一口馬主

2016年11月22日 

美浦TC

前走レース後はその日の深夜に美浦TCへ戻ってきて、きのう21日(月)の夕方に歩様チェックを行いましたが、特に問題はありませんでした。

予備登録を済ませていた12月11日(日)香港・シャティン競馬場の香港マイル(G1、芝1600m)へ主催者から出走打診があり、栗田博憲調教師と慎重に検討しましたが、中2週の遠征競馬では調整が極めて難しいこと、本馬には腹痛の癖もあることからリスクが大きいと判断し、香港遠征は見送ることにしました。

今後は中4週で12月24日(土)阪神・阪神カップ(G2、芝1400m)があり、引き続きルメール騎手が騎乗できることから、ここを目標に在厩のまま調整していくことにします。

f:id:mtansince2001:20161121210907j:plain


な…なんと、次走はクリスマスイブの阪神Cとなりました。まったく想定してなかったわけじゃなかったですが、香港に登録してあるしキャンター調整で行くんじゃないかな~とは思っていたんですけどね…。

ルメール騎手が確保出来ればまた違った展開もあったように思うのですが、先にソウルスターリングで阪神JFに出る事が決まっていましたからね…。かといって今からでは有力ジョッキーは外国人を含めて確保できなかった…という側面もあったのでしょう。

あとは栗田厩舎は残念ながらここまで海外遠征の経験がなく、レポートにもあったように中2週で海外の強豪にテン乗り騎手でぶつけることは色々とリスクの方が大きい…という判断になったんでしょう。


夕方くらいにツイッターで第一報を知って、その後公式HPで正式に知りました。最初は個人的にも期限が切れていたパスポートまで再取得しただけに(え~~~…)とも思ったのですが、馬を第一に考えればこちらの方が自然な判断ですね。

徳島から一番近い中央競馬の競馬場である阪神で、大阪杯以外でイスラボニータを見られるとはラッキーな事です。


もし勝てば1着賞金はなんと6700万円。マイルCS2着の賞金4100万円より全然多いです。今度の阪神Cで引退…という雰囲気もレポートからはしないので、来年も現役続行するよ…というサインと見てもいいかもしれません。

そしてなんといっても、もし阪神Cで楽々好位に取り付いて直線ブッ千切って勝つようならば、スプリント路線参戦という目も見えてきます。

「フジキセキ産駒は頭打ちになったと見せてもう一度伸びる」

私が何度も言っているこの言葉がいよいよ現実のものになるかもしれません。

f:id:mtansince2001:20161122214002j:plain

もともと出資が決定した時の旧HPには「ま、クラシック制覇とか、そんな贅沢は言いませんので、細く長く、そうですね、キンシャサノキセキくらい活躍してくれれば。」と書いていました。

当初は、当時はまだ一口馬主で未勝利だった事もあり、未勝利戦でもいいのでとにかく1つ勝ってくれればそれで十分嬉しい…というのが本音。キンシャサノキセキのくらい…ってのも完全な冗談で書いたのですが、まさかのクラシック制覇をしたうえでキンシャサノキセキのような路線にも向かうとは思いもしませんでした。

皐月賞を勝ってしまっただけになんとなく都落ち感はありますが、一口会員としては稼いでくれればもちろん嬉しいですし、スプリントでもいいからもう一つG1勝利が欲しいので、ここらで短距離適性を見てみるのはアリだと思います。

ちょっと驚きましたが、楽しみになってきた阪神カップへの参戦。サンカルロ、ロサギガンティアと社台RHの馬が相性の良いレースでもあります。ミッキーアイルも出るという話もあるようですので、雪辱を果たしたいですね。

 

ランキン馬主への道? その489 イスラボニータ、マイルCSは悔しい2着

イスラボニータ 一口馬主

2016年11月20日
美浦TC

11月20日(日)京都11R・マイルチャンピオンシップ(G1、芝1600m)にクリストフ・ルメール騎手57kgで出走、馬体重は480kg(-2)でした。

五分のスタートから、道中は先行馬群の外目をスムーズに追走しました。勝負処での手応えもよく、直線で外目に持ち出して追い出すと、素晴らしい脚を見せて前に迫っていきました。ゴール前でごちゃつく場面もありましたが、本馬には影響はなく、懸命に差を詰めていきましたが、最後は頭差及ばず、2着惜敗でした。

騎乗したルメール騎手は「前走よりも状態が上がって、とてもグッドコンディションに思えました。道中いいポジションにつけられて、最後もしっかりと伸びてくれたのですが、あとちょっとのところで足りませんでした。2000もこなせる馬ですが、やはりこの距離がベストなのだと思います」とのこと。

また栗田調教師は「秋は2戦とも2着で、よく頑張ってくれてはいるのですが……。良馬場発表も、少し馬場は湿っていたので、そのぶん最後届き切らなかったということでしょうか。美浦TCに戻ってからの状態も、よく確認しておきます」とコメントしています。

f:id:mtansince2001:20161121210714j:plain

朝4時半に起床、5時15分に徳島を出発、7時半には淀に到着して一旦荷物を駅のロッカールームへ。その後京阪の樟葉駅に移動して車を駐車。樟葉駅の目の前ですが休日でも一日1200円。これなら十分安い。

樟葉駅でコロプラとコラボしている京阪フリー切符(1500円)を購入。これがあれば京阪の全線と男山ケーブルカーが乗れるんです。この日は乗り降りを何度もする予定だったので購入しました(京阪の主要駅で始発時間から改札で買えます)。

まずは2つ先の八幡市駅へ。ここから男山ケーブルに乗って石清水八幡宮へ。1歳10か月の息子は電車が好きになってきたのでケーブルカーに乗せてやろうという狙い。んでもってイスラボニータの必勝祈願もしてきました。

その後は京阪に戻り京都市内の三条へ。ここから少し歩いて金剛寺の「お寺まるごとマルシェ」というイベントへ。

お寺の境内でマルシェが行われていたんですよね。こういうイベント私も奥さんも好きなので行ってみました。タイカレーが美味しかったようで奥さんも喜んでくれました。ホッ。

そして京阪で淀まで戻って、ようやく京都競馬場へ入りました。お昼過ぎくらいでしたね。

指定席を購入したは良かったのですが、座席の引き換えする場所がイマイチ分からず30分ほど時間をロスしてしまいました…。疲れた…。子連れはもっと下調べをしておかないとダメですね、反省。

ようやく席に着けたと思ったのですが、息子が指定席を嫌がるので競馬場脇の公園で1時間ほど遊ぶ…。

さすがにそろそろ競馬に集中したかったので一旦奥さんとお別れ、スーツに着替えてブラブラ。するとイスラボニータ一口馬主仲間の★わたちゃん、★ゴンザレスさん、★ワドサドさん他の方々を見つける事が出来ました。

このあたりから私の緊張も増してきます。トイレに行く時の歩様が硬いですよと言われてしまいました。

パドックの最前列が空いてないかなと思ったのですが、さすがに皆さんしっかりと確保。仕方なくまた一口仲間さんのところで緊張しながら時間の経過を待ちます。

10レースのパドックが終わり、皆さんでパドックに移動。馬を見る天才★ワドサドさんの隣を確保する事が出来た。★ワドサドさんは自信満々で

「大丈夫、勝ちますって」

と。もちろん私も信じていますが、私は緊張しいなんですよ…。

そしてマイルCS出走各馬がパドックに姿を現します。パドックに出てきた瞬間の気配ってのが大事だと私は思っているのですが、イスラボニータ、出てきた瞬間はクビをグイングインとしなやかに使って柔らかい歩き。

これは…東スポ杯2歳Sの時のような気配!

f:id:mtansince2001:20161121210821j:plain

ここで私も一気にテンションアップ。これならいける!★ワドサドさんも仕上がりに満足そうです。

しばらくは一生懸命写真を撮ります。最近ようやく覚えた「連写」機能。これまで一枚ずつ撮っていたのがアホらしいですね…。もっと早く覚えておけばよかった。

この日もイスラボニータはアチコチのカメラを覗き込んでいました。もうすっかりお馴染みの風景です。

f:id:mtansince2001:20161121210907j:plain


文字通り遊びはありますが、良い遊びな雰囲気。テンションがカリカリしてるわけでもなく、弛緩したわけでもなく。いいバランス。気分よく歩いてるのが分かります。

他で気になったのはやはりサトノアラジン。いつ見ても素晴らしい馬体。ただ、この日はトボトボ歩いてやや活気がない気がしました。最近はあんな感じなんですかね。

f:id:mtansince2001:20161121210948j:plain


ミッキーアイルは普通。ヤングマンパワーはやたらと毛づやがよく見えました。ディサイファも良さそう、この馬はいつも良くみせます。

他はそんなに目を引く馬はいませんでした。もちろん皆普通にいい馬だな~という感じ。

ルメール騎手が騎乗。ここで私は指定席にいくために皆さんとサヨナラ。レース後また会いましょうとご挨拶。


席に戻ってしばらくすると奥さんと息子も戻ってきました。いろいろと遊ばせてくれてたみたいで奥さんに感謝。でもパドックも見てたみたいです。

返し馬はタラタラと走っておしまい。新馬の頃はまるでレースみたいに豪快な走りだったのですが、今はすっかり慣れたものですね。

f:id:mtansince2001:20161121211051j:plain


いよいよスタートが近づく。イスラボニータはクビを振るしぐさも目立つ事もなく落ち着いて周回。今年は出遅れはなさそうと確信しました。


スターターが台上に上って旗を振りファンファーレ。息子も手を叩いてキャッキャッと喜んでいます。

やはり偶数番はいいですね。見てても安心感が違います。

全馬がゲートイン。イスラボニータもクビが動く事なし。

スタート!同じ4枠のフィエロには頭一つ負けたもののほぼ五分のスタート!

「ヨシ!」

スッと好位にとりついて追走開始。

「いいぞいいぞ!インに潜り込め!」

もっとインにいくかと思いましたが4列目くらいのところでしっかりと折り合って追走。

「いいところにいる!」奥さんに話す。奥さんも

「うん、いいところにいる!」。最近はだいぶ位置取りの事も分かってくれてきた。

そのまま淡々と流れる。600mは34.4。サトノアラジンはインコースで追走している。あそこからだと色々難しいだろ。

「ちょっとペースが遅いか?」ただ、イスラボニータは先行集団の直後。ここなら問題ない。

そして4角から直線へ!

思っていたよりも外に出して進路を確保。問題はここからだ!

伸びるのか?

伸びるのか?

一瞬の間をおいてからイスラボニータが内の各馬を一気に飲み込んでグインと伸びる!

キター!

「いけ!いけ!」

「差せ!差せ!」

あとは先行の2頭だけだ!


しかし、ここからが問題その2!

ただ、イスラボニータはここからでも伸びる!

しかし、上から見てるとゴールまで差せるかどうか際どいタイミングだ!伸びてくれ!伸びてくれ!


「差せ!差せ!」


あと僅かまで迫ったところがゴール。頭一つ届かなった…。


「負けたー」。


実際の観戦中はこんな感じでした。基本的にはずっとイスラボニータしか見ていないので何がどうなってるのか全然分かりません。

審議のアナウンスを聞き、そういえばゴール前でちょっと後ろの方でゴチャついてたような…と。

「上位入線の馬が審議の対象です」というアナウンス。

(え?イスラボニータ?)

指定席からはなかなか遠近感がつかめないので分からない。

しかし、場内モニターやビジョンでパトロールが流れると、イスラボニータではない事が分かる。

んじゃあ誰だ?これミッキーアイルじゃん。全然ラチ沿い走ってねーじゃん。


ただ、今のルールだとなかなか降着しないでしょ…。

しかし、普通なら2~3分で確定するところ、なかなか確定しない…。

何度も流されるパトロール映像。見れば見るほどその酷い状況が分かってくる…。


「これ、ひょっとしてミッキーアイルあかんのかも」

「そうなるとどうなるの?」

「イスラボニータは悪い事してないから2着だったボニータが繰り上がって1着になる可能性はある」

「そうなの?集まる場所いかなくていいの?」

「う~ん(苦笑)」

「一応行っといでぇな」

「そ、そうだな…」

…というわけでそそくさと移動し、口取り集合場所の1階インフォメーションをこっそりと家政婦は見た…のように覗く…。げ…誰もいねえ…(苦笑)。

(やっぱ望みは薄いかな~)

と思って少しブラブラしてると一口仲間の★わたちゃん発見。繰り上がりにはならないよなぁ…などと話してる最中に確定のアナウンス。

「あ~あ。このあとどうするんでしょうねえ…」

「2着なら香港からの招待は来ると思うんですけどね」

「そうなんですか?一緒に行きませんか」

「いや~僕は無理なんでたくします」

確かそんなような話だったと思います。もしかしたら他の誰かと勘違いしてるかもですが…。は~…とため息をついて席に戻り、しばし気分を落ち着かせる。その後、京都競馬場を後にし、樟葉モールのフードコートで海鮮丼を食べて帰路につきました。なんでも樟葉モールは「やすとも」がいつだったかの回でショッピングをしていた所だそうで、この番組が好きな奥さんはフンガーフンガーと喜んでくれてました。ほんまこういう事で喜んだり楽しんだりしてくれる奥さんでありがたいです。

 

イスラボニータ、必勝を期したマイルCSでしたが無念の2着でした。ゴール付近のスローモーションを見ると、一完歩後にはミッキーアイルを抜いていただけに本当に惜しかった。

ただ、意地は見せてくれたと思います。私はこの天才ランナーにあと一つG1の勲章を獲得してもらいたいだけなんですが、その一つがなかなか遠いですね。

昨年はマイルCSが終わったあとの水曜日に香港競走の招待馬ならびに受諾馬が発表されました。

その例からもおそらく今週の水曜日あたりにはイスラボニータが香港に向かうどうかもハッキリするのではないですかね…。

いい意味で究極の仕上げ(100%ではなく95%)…ではなかっただけに、まだもう一走できる余力はあると思います。

もう仕上がっているのでキャンターで体調維持するだけでレースに臨めるのではないでしょうか。

本当ならマイルCSを制覇して、気楽な気分でもう一丁!といきたかった香港ですが、さてどうなりますやら。

 

ランキン馬主への道? その488 イスラボニータ、マイルCSは4枠8番から

イスラボニータ 一口馬主

016年11月17日 

美浦TC

今週11月20日(日)京都11R・マイルチャンピオンシップ(G1、芝1600m)にクリストフ・ルメール騎手57kgで出走が確定しています。

前走は良い走りを見せてくれました。G1勝利を狙います。

f:id:mtansince2001:20161118142042j:plain

公式HPの「G1勝利を狙います」の一言が今回ちょっと自信ありを表しているような気がしてなりません。 この画像は東京スポーツ杯2歳Sを勝った時のもの。ご覧のようにちょうどイスラボニータと私、目が合ったんですよね。またこのようなシーンに巡り合いたい、今回がそうじゃないのか!?

続きを読む

ランキン馬主への道? その487 イスラボニータ、最終追い切りは流すだけ

イスラボニータ 一口馬主

2016年11月16日 

美浦TC

今週11月20日(日)京都11R・マイルチャンピオンシップ(G1、芝1600m)にクリストフ・ルメール騎手57kgで出走を予定しています。

同レースはフルゲート18頭立ての見込みです。きょう16日(水)は坂路1本のあと、ウッドチップコースで5Fから、5~6馬身前を行く相手馬を追いかける内容でした。

栗田博憲調教師は「先週ビッシリとやっているので、もう速い時計は必要ないと思います。やるだけのことはやりました」とコメントしており、あとはルメール騎手の手綱さばきに任せることにします。

f:id:mtansince2001:20161028163739j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その486 バンゴール、調子が上がらずまだウォーキングのみ…

バンゴール 一口馬主

2016年11月14日
NF天栄

引き続きトレッドミルの運動にとどめています。

脚元は問題なく、馬体重も増えてきましたが、毛ヅヤが今ひとつで、活気が出てきません。

もう1~2週間は軽めの運動で様子をみたうえで、騎乗運動を開始する予定です。現在の馬体重は453kgです。

f:id:mtansince2001:20161114170610j:plain

続きを読む