一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

ランキン馬主への道? その513 イスラボニータ、悲願のG1二勝目に向けて三度マイルCS出走へ!

2017年11月15日

美浦TC
今週11月19日(日)京都11R・マイルチャンピオンシップ(G1・芝1600m)にルメール騎手57kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭の出走表明にとどまっています。きょう15日(水)はルメール騎手が跨り、ウッドチップコースにて5Fから66.6-51.6-38.4-12.9秒の時計を馬なりでマークしました。
騎乗したルメール騎手は「落ち着いていたし、動きはグッドでした」と話しており、栗田博憲調教師「ここまでしっかりと調整していますし、けさは整える感じでしたが、状態がいいのもあって時計は出ましたね。不安なく、レースへ送り出すことができます」と自信を込めて、コメントしています。

 

2017年11月09日

美浦TC
来週11月19日(日)京都・マイルチャンピオンシップ(G1・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。きのう8日(水)ウッドチップコースで速めを追い、6Fから80.4-64.7-51.1-37.6-12.7秒の時計を馬なりでマークしました。オープン馬・ディバインコードと併せて、余裕十分でゴールを駆け抜けています。
栗田博憲調教師は「圧巻の動きでした。来週が楽しみです」と話していました。

f:id:mtansince2001:20171115211026j:plain

f:id:mtansince2001:20171115211003j:plain

上の写真が今回、下の写真が9月下旬のものです。明らかに引き締まってきているのが分かりますよね。

イスラボニータ、今日マイルCSに向けての最終追い切りを済ませました。この日はサッと流しただけ。今日の走りで調子うんぬんを語るのは誰にも出来ません。


しかし、実質的な追い切りであった一週前追い切りで見せたパフォーマンスは素晴らしいものがありました。


80.4 -64.7 -51.1 -37.6 -12.7 ディバインコード(古オープン)一杯の内を0.5秒追走同入
長めをしっかりと追いつつも、馬なりでこの時計。かといってダラダラと走ったわけではなく、ビシッとした緊張感の中でのリラックスした走りでした。上手く言葉で伝える事は到底出来ませんが、栗田調教師のいう
「6歳にしてようやく完成」
は、一口馬主として5年間見守ってきた私としても同じ想いです。2歳新馬を勝ち、2歳重賞を勝ち、クラシックも制した馬だけに「ずっと前から完成してるだろ」と思うファンもいるかもしれません。


しかし、天才ランナーとして皐月賞を制覇した時はまさに「素質」だけでの勝利でした。その後、3年の時を経て、ついに見せた完成形は実に地味なカタチとなりました。2~3歳の頃に見せた高脚は見せなくなりアクション的には地味に。上下運動も少なりなり地味に。


一言でいえば「地味」。これが完成形です。しかし、地味がゆえに「無駄がない」走りになりました。

 

無駄がなくなったのでスタミナをロスしなくなりましたし、不得手なハズの不良馬場でも以前よりものめらなくなり、最低限の走りが出来るようになりました。

 

イスラボニータにあと必要な事は「運」でしょう。


馬場的に、今週の土曜日に雨が降るので内が悪くなる可能性はあります。ありますが欲しいのはやはり「内枠」です。馬群の中でエネルギーを溜めて、直線の早めで一気にそれを爆発させたいですね。

 

土曜日の朝方に雨が降り、その後の雨はないようなので、馬場が不良になる事はないと思います。重もないでしょう。おそらくは「ヤヤ重」でのレースでしょう。今のイスラボニータならヤヤ重なら一応の実力は出せます。100%ではないでしょうが、95%くらいは出せるのではないでしょうか。


ある程度前からいけば、馬場のいいところを選べます。もし馬場が「良」ならば、それでもパンパンの良ではないにせよ望ましい事ですね。

 

ライバルは前走で異常なまでの重馬場適性を見せたエアスピネルでしょうか。無難な騎乗をしてくる武豊騎手から思いきった騎乗も出来るムーア騎手に替わった事はプラスでしょう。


サトノアラジンはどうでしょうか。天皇賞は走ってないから疲れはない…という事ですが、毎日王冠から天皇賞、さらにこのマイルCSと中2週続き。そのうえこの後香港にまで行くそうです。なるべく馬を使ってほしいと思う私ですが、このローテはちょっと可哀そうですね。パンクしない事を願っております。たぶん、今回のマイルCSでは凡走すると思います。レースでは走ってなくてもレースに向けて仕上げてますから、疲れがないって事はないんです。


レッドファルクス、怖いですね。安田記念でも先着されてしまいましたし、スプリンターズSをきっちりと勝ってきました。ただ、今回はMデムーロ騎手からCデムーロ騎手への乗り替わりです。弟もイイ騎手でしょうが、G1におけるMデムーロの勝負強さは異常ですから、それがなくなる事は大きなマイナスでしょう。

 

連勝できたサングレーザーや逃げ一発がありそうなマルターズアポジーなど、クセ者もいますが怖くはありません。

 

イスラボニータがきちんとイスラボニータらしい走りをすれば勝てる相手…としか思えないんですよね。

イスラボニータが今回勝てば、皐月賞以来のGI制覇となり、1998年朝日杯3歳S(現朝日杯FS)と2002年安田記念を制したアドマイヤコジーンの3年5カ月19日を抜いて、GI競走の最長間隔勝利記録(3年6カ月29日)となるそうです。


これ、やっちゃいそうな気がしてなりません。


そもそもイスラボニータは「データブレイカー」、フジキセキ初のクラシックホースだったり、外枠不利を跳ね返したり、ローテ不利を覆したりの連続です。ここで、アドマイヤコジーンの偉大な記録を打ち破ってほしいですね。


そもそも、イスラボニータは典型的なフジキセキ産駒なんです。フジキセキの一流馬はカネヒキリ、サダムパテック、キンシャサノキセキ、ストレイトガール、ファイングレインなど、共通するのは一時期スランプに陥りながらもその後再び大きいレースを勝っているのです。


キンシャサの初G1は7歳の時ですよ。ストレイトガールも6歳の時。早くから素質を見せますが、息の長い活躍をして、晩年で完成するのが「フジキセキ産駒」なんです。

 

この「フジキセキ」伝説を完成させるのが今回のイスラボニータのマイルCS…というストーリー。現実のものとなりそうです。

ランキン馬主への道? その512 イスラボニータ、富士Sは満足の2着

富士S当日の馬場が相当に悪くなりそうだ…という事が週半ばに判明、さらに枠順発表では大外15番枠…、ダブルパンチに意気消沈してしまい、いつも書いていたレース前のブログの更新をしていませんでした。
しかし、そんな中で出走した富士S。イスラボニータは見事に2着に…。我が一口愛馬ながら本当にスゴイ馬です。

当日はジャスタウェイが勝った安田記念以来の東京競馬場の不良馬場という事でした。
イスラボニータのレースでこんなに盛り上がらないレース前の自分の気持ちは初めてでした。パドックはボチボチ。
社台のパーティでは口取り式で見掛ける社員さんがいたのでお話したらイスラボニータについては「かなりいいんじゃないですかね。いきなり結果が出せる状態かと」という感じだったのですが、多少のリップサービスもやはりあったのかなと。
まあ今回で仕上げてしまってはマイルCSでお釣りがなくなってしまうので、これでいいと思いました。

あとは怪我なくグルッと回ってきてくれれば…と。

大外枠で唯一いいのは枠順が最後な事。入ればすぐにスタートなのでそこはありがたいですね。
今回もスタートはキチッと決めてくれました。やはりルメール騎手は上手い。
ただ、いつもならそのまま先頭集団につけるところですが、やや置かれてしまいます。ああ…やはり不良だと前にいけないのかな…。
その後の2ハロン目でポジションを上げていきます。馬群が一団なのでかなり大外を走っているのが画面でも分かります。

かまへんかまへん、馬場のいいところを回ってくればOKや…

そんな感じでまったく盛り上がらないままに4コーナー。イスラボニータが一瞬テレビカメラの方を見るのが分かる…。相変わらずだな…。

直線、アッという間にエアスピネルが抜ける。
イスラボニータは…。外に出すのかと思ったらエアスピネルの後ろのコース取り。
大跳びなのでここからが厳しい…。
そう思いながら画面を見ていると、ジリジリと順位を上げていくではないか。
(ん?)

一緒にテレビを見ていた奥さんが「頑張れ!頑張れ!」と声をあげる。
「けっこう来てるぞ!」
ここでようやく私も声が出た。
「いけ!いけ!」
ただ、エアスピネルとの差はかなりある。勝つのは無理だ…。しかし、2着はあるかもの勢いだ!
「3着は嫌だ!2着まで来い!」
最後は逃げ馬が垂れたのかイスラボニータが伸びたのか、綺麗にゴール前で入れ替わってイスラボニータは2着に!
クルーガーに詰め寄られていたがこれはなんとか抑えて見事に2着に…。
「うわ、これは嬉しい2着だ!」
思わず本音が出た。

こんな感じでテレビ観戦していました。
勝ちタイムは1:34.8。これ、この馬場としてはかなり良い時計でしょう。エアスピネルは道悪の鬼ですね。ややピッチ気味でエッジの効いた走りなのであの馬場でも推進力がありましたね。
一方のイスラボニータは誰でも分かるような大跳びの馬。あの日のような馬場ではかなり推進力がそがれたはずですが良くぞ2着に来ました。

f:id:mtansince2001:20171026090450j:plain

公式HPより

2017年10月21日

美浦TC
10月21日(土)東京11R・富士S(G3・芝1600m)にルメール騎手58kgで出走、馬体重は前走から4kg増の484kgでした。
好スタートから中団に控えました。馬群が一団となって進む展開で9番手の外を追走、勝負どころでの手応えもよく6番手の外で直線へ。追われてからしっかりと伸びてきましたが、前にいた勝ち馬に馬体を併せることができませんでした。2馬身差の2着に敗れています。
レース後、ルメール騎手は「休み明けで、完調一歩手前といった感じでした。エアスピネルを見ながら進めて、直線でも伸びましたが届きませんでした。負けはしましたが重たい馬場をこなしてくれて、満足できるステップレースでした」と、また栗田博憲調教師は「58kgを背負っていましたし、今日の馬場でどれだけ戦えるかと心配していました。でも、これだけ走れれば上々です。次に繋がるレースでした」と話していました。

 

陣営の談話通りでしょう。8~9分くらいの出来、他も仕上げてはないだろうからこれでも勝ち負けにはなるはず…でした。ただ、この不良馬場。
4歳の中山記念では雨の降る中のレースではまったく見せ場なく5着に敗れていただけに惨敗も覚悟していましたが、よく2着に…。
しかし、これは激走しての2着ではなく、フツーに回ってきただけなんだけど、他の馬が勝手に自滅したりして2着になった…というレースでしょう。

大外で馬場が良いところを自分のリズムで走った事も良かったのかもしれません。
本来ならば馬群で脚を溜めて、直線入口から半ばまでの瞬発力勝負の馬ですが、良くも悪くも「グルッと回った」ら2着だった…という事だと思います。
道中も内が相当に悪くて、外を走っていたイスラボニータに脚が残っていたのかもしれません。
よく分かりませんが結果だけは2着。決して激走したわけでもないです。

レース後も問題ないようで、このままマイルCSへ向かう事が改めて表明されました。
また、香港デーの登録はありませんでした…。行かなくても登録くらいはしとけばいいのに…と思いましたが、マイルCS一本に勝負をかけている…という決意の表れでもあるのでしょう。

休み明け緒戦、不良馬場、そこそこ良い面子、大外枠(これは今回は功を奏したかもですが)だった事を考えれば、十分とか言いようのない結果だったと思います。
本番のマイルCSは4歳時は良い馬場で内枠でしたが痛恨の大出遅れ、昨年は良い枠でしたが、雨の湿り気が残ったヤヤ重に近い馬場でキレが削がれての2着でした。

おそらくはラストチャンスとなる今年のマイルCSこそは、パンパンの良馬場、内枠偶数を引いて、古馬G1のタイトルを勝ち取って欲しいと思います。

気が早いですが、あと一つG1を獲ればイスラボニータは種牡馬としての役目もあるので引退でしょう。
それならば思いきって有馬記念に出てもらいたいものです。ダイワメジャーでも好走してますし、スローの4角からの瞬発力勝負になる事もあるので、イスラボニータでも勝ち負けになる展開も十分にあります。

また、イスラボニータはJRAの引退式の(公式かどうかは不明ですが)規定も満たしているので、そのままキタサンブラックと合同で有馬記念後に引退式をさせてくれれば…というのが私の妄想です。


もし今度のマイルCSを勝てないと、まだ能力の著しい衰えは見せてないだけに、来年も現役…という可能性もあります。
一口馬主は一口愛馬が種牡馬になったとしてもお金が入ってこない事がほとんど…という事らしいです(オルフェーヴル級でシンジケートが組まれてようやくまとまったお金になる)。
なので、長く走ってくれてG3の一つでも勝ってくれた方がまだまだお金が入ってくる可能性が高いのですが、1ファンとしては今年で引退して元気で怪我なく競走生活を終えてくれれば…という気持ちの方が強いです。
走ってる限りは、不慮の事故がいつ起こってもおかしくないですしね…。

イスラボニータ、今度こそG1を勝って、自らの花道を飾ってくれ!

ランキン馬主への道? その512 イスラボニータ、富士Sは満足の2着

富士S当日の馬場が相当に悪くなりそうだ…という事が週半ばに判明、さらに枠順発表では大外15番枠…、ダブルパンチに意気消沈してしまい、いつも書いていたレース前のブログの更新をしていませんでした。
しかし、そんな中で出走した富士S。イスラボニータは見事に2着に…。我が一口愛馬ながら本当にスゴイ馬です。

当日はジャスタウェイが勝った安田記念以来の東京競馬場の不良馬場という事でした。
イスラボニータのレースでこんなに盛り上がらないレース前の自分の気持ちは初めてでした。パドックはボチボチ。
社台のパーティでは口取り式で見掛ける社員さんがいたのでお話したらイスラボニータについては「かなりいいんじゃないですかね。いきなり結果が出せる状態かと」という感じだったのですが、多少のリップサービスもやはりあったのかなと。
まあ今回で仕上げてしまってはマイルCSでお釣りがなくなってしまうので、これでいいと思いました。

あとは怪我なくグルッと回ってきてくれれば…と。
大外枠で唯一いいのは枠順が最後な事。入ればすぐにスタートなのでそこはありがたいですね。
今回もスタートはキチッと決めてくれました。やはりルメール騎手は上手い。
ただ、いつもならそのまま先頭集団につけるところですが、やや置かれてしまいます。ああ…やはり不良だと前にいけないのかな…。
その後の2ハロン目でポジションを上げていきます。馬群が一団なのでかなり大外を走っているのが画面でも分かります。

かまへんかまへん、馬場のいいところを回ってくればOKや…

そんな感じでまったく盛り上がらないままに4コーナー。イスラボニータが一瞬テレビカメラの方を見るのが分かる…。相変わらずだな…。

直線、アッという間にエアスピネルが抜ける。
イスラボニータは…。外に出すのかと思ったらエアスピネルの後ろのコース取り。
大跳びなのでここからが厳しい…。
そう思いながら画面を見ていると、ジリジリと順位を上げていくではないか。
(ん?)

一緒にテレビを見ていた奥さんが「頑張れ!頑張れ!」と声をあげる。
「けっこう来てるぞ!」
ここでようやく私も声が出た。
「いけ!いけ!」
ただ、エアスピネルとの差はかなりある。勝つのは無理だ…。しかし、2着はあるかもの勢いだ!
「3着は嫌だ!2着まで来い!」
最後は逃げ馬が垂れたのかイスラボニータが伸びたのか、綺麗にゴール前で入れ替わってイスラボニータは2着に!
クルーガーに詰め寄られていたがこれはなんとか抑えて見事に2着に…。
「うわ、これは嬉しい2着だ!」
思わず本音が出た。

こんな感じでテレビ観戦していました。
勝ちタイムは1:34.8。これ、この馬場としてはかなり良い時計でしょう。エアスピネルは道悪の鬼ですね。ややピッチ気味でエッジの効いた走りなのであの馬場でも推進力がありましたね。
一方のイスラボニータは誰でも分かるような大跳びの馬。あの日のような馬場ではかなり推進力がそがれたはずですが良くぞ2着に来ました。

f:id:mtansince2001:20171026090450j:plain

公式HPより

2017年10月21日

美浦TC
10月21日(土)東京11R・富士S(G3・芝1600m)にルメール騎手58kgで出走、馬体重は前走から4kg増の484kgでした。
好スタートから中団に控えました。馬群が一団となって進む展開で9番手の外を追走、勝負どころでの手応えもよく6番手の外で直線へ。追われてからしっかりと伸びてきましたが、前にいた勝ち馬に馬体を併せることができませんでした。2馬身差の2着に敗れています。
レース後、ルメール騎手は「休み明けで、完調一歩手前といった感じでした。エアスピネルを見ながら進めて、直線でも伸びましたが届きませんでした。負けはしましたが重たい馬場をこなしてくれて、満足できるステップレースでした」と、また栗田博憲調教師は「58kgを背負っていましたし、今日の馬場でどれだけ戦えるかと心配していました。でも、これだけ走れれば上々です。次に繋がるレースでした」と話していました。

 

陣営の談話通りでしょう。8~9分くらいの出来、他も仕上げてはないだろうからこれでも勝ち負けにはなるはず…でした。ただ、この不良馬場。
4歳の中山記念では雨の降る中のレースではまったく見せ場なく5着に敗れていただけに惨敗も覚悟していましたが、よく2着に…。
しかし、これは激走しての2着ではなく、フツーに回ってきただけなんだけど、他の馬が勝手に自滅したりして2着になった…というレースでしょう。

大外で馬場が良いところを自分のリズムで走った事も良かったのかもしれません。
本来ならば馬群で脚を溜めて、直線入口から半ばまでの瞬発力勝負の馬ですが、良くも悪くも「グルッと回った」ら2着だった…という事だと思います。
道中も内が相当に悪くて、外を走っていたイスラボニータに脚が残っていたのかもしれません。
よく分かりませんが結果だけは2着。決して激走したわけでもないです。

レース後も問題ないようで、このままマイルCSへ向かう事が改めて表明されました。
また、香港デーの登録はありませんでした…。行かなくても登録くらいはしとけばいいのに…と思いましたが、マイルCS一本に勝負をかけている…という決意の表れでもあるのでしょう。

休み明け緒戦、不良馬場、そこそこ良い面子、大外枠(これは今回は功を奏したかもですが)だった事を考えれば、十分とか言いようのない結果だったと思います。
本番のマイルCSは4歳時は良い馬場で内枠でしたが痛恨の大出遅れ、昨年は良い枠でしたが、雨の湿り気が残ったヤヤ重に近い馬場でキレが削がれての2着でした。

おそらくはラストチャンスとなる今年のマイルCSこそは、パンパンの良馬場、内枠偶数を引いて、古馬G1のタイトルを勝ち取って欲しいと思います。

気が早いですが、あと一つG1を獲ればイスラボニータは種牡馬としての役目もあるので引退でしょう。
それならば思いきって有馬記念に出てもらいたいものです。ダイワメジャーでも好走してますし、スローの4角からの瞬発力勝負になる事もあるので、イスラボニータでも勝ち負けになる展開も十分にあります。
また、イスラボニータはJRAの引退式の(公式かどうかは不明ですが)規定も満たしているので、そのままキタサンブラックと合同で有馬記念後に引退式をさせてくれれば…というのが私の妄想です。


もし今度のマイルCSを勝てないと、まだ能力の著しい衰えは見せてないだけに、来年も現役…という可能性もあります。
一口馬主は一口愛馬が種牡馬になったとしてもお金が入ってこない事がほとんど…という事らしいです(オルフェーヴル級でシンジケートが組まれてようやくまとまったお金になる)。
なので、長く走ってくれてG3の一つでも勝ってくれた方がまだまだお金が入ってくる可能性が高いのですが、1ファンとしては今年で引退して元気で怪我なく競走生活を終えてくれれば…という気持ちの方が強いです。
走ってる限りは、不慮の事故がいつ起こってもおかしくないですしね…。

イスラボニータ、今度こそG1を勝って、自らの花道を飾ってくれ!

ランキン馬主への道? その511 イスラボニータ、富士Sへ順調

2017年10月04日 2017年10月04日 美浦TC
再来週10月21日(土)東京・富士S(G3・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。
きょう4日(水)の追い切りは、ウッドチップ3頭併せのいちばん後ろから追いかけて、真ん中を走る同厩のオープン馬には先着を許したものの、鞍上は持ったままでゴールしています。
帰厩後はここまですこぶる順調な調整過程です。

f:id:mtansince2001:20170423222342j:plain

続きを読む

ランキン馬主への道? その510 バンゴール府中牝馬S一週前追い切り

みたびの重賞挑戦へ、バンゴール府中牝馬S一週前追い切りを消化しました。

f:id:mtansince2001:20170903234911j:plain

=====

来週10月14日(土)東京・府中牝馬S(G2・芝1800m)に柴山騎手で出走予定です。

本日(水)ウッドチップコースにてトップライセンスとの併せ馬で追われました。パートナーを追走から直線で馬体を併せ、そのまま併入しており、調教時計は6ハロンから846-681-529-387-133でした。

尾関調教師は「とてもいい動きでした。この馬の力を出せる状態で重賞に臨めそうです」と話してくれました。

===== 

続きを読む

社台・サンデーレーシング紹介キャンペーンで3名の方がご入会下さりました

こちらの記事を覚えてらっしゃいますか?

islabonita.hatenablog.jp

6月の社台グループの一口馬募集、私を経由して頂ければカタログが無料で貰えるキャンペーン、もしその方が一口馬の購入に至れば私に1万円のクオカードが社台から貰えてしまう…というWIN-WINなキャンペーンでした。

そして、その結果…、ななんと!3名もの方が一口馬購入に至ったようです!

続きを読む

ランキン馬主への道? その509 バンゴール、長岡Sを快勝して見事にOPクラス入り

2017年09月02日

美浦TC

9月2日(土)新潟11R・長岡S(芝1600m)に55kg田辺騎手で出走し、先行して抜け出すという堂々たる競馬で5勝めを挙げています。
この勝利で本馬は念願のオープン入りを果たしています。馬体重は前走から10kg増の440kgでした。
レースは1頭の馬が後続を大きく引き離して逃げていき、本馬は後続を引き連れながら3番手を進みました。そのままの態勢で直線を迎えると、直線入口で田辺騎手は一気に大外に持ち出してから、追い出しを開始しました。直線半ばには早々と先頭に立つと、最後まで上位人気馬の追撃を許さず、2着馬には1馬身1/4差をつけています。
レース後、田辺騎手からは
「内枠でしたし、どのポジションでレースを進めようか悩んでいましたが、スタートが良かったですし、前々で競馬を進めました。非常に強い内容でしたし、マイルは合うと思います」
とのコメントがありました。この後はレース後の体調次第ではありますが、10月14日(土)東京・府中牝馬S(G2・芝1800m)を目指したいと考えています。

f:id:mtansince2001:20170903234911j:plain

 

続きを読む