一口馬主の喜怒哀楽

一口馬主の喜怒哀楽

社台&サンデーレーシングの一口馬主をして感じた喜怒哀楽を赤裸々に綴っています。現在、イスラボニータ(社台RH)、バンゴール(サンデーR)に出資中。

番外編:中京オフ会 その3

皆でパクつく…。

さて、反応は…!!

★てとらさん
(゜д゜)ウマ-!

★あくあさん
( ゚Д゚)ウマー!

ちなっちゃん
(゜皿゜)バクバクバクバク!

★たすこさん
(゜□゜)ウマ-!

やりました。皆さんのお口に合ったようです。口々に

「イヤ、うまいっすヨ」
「思ってたのと全然違う。ホントおいしい」
「★かっちゃんのコロッケも相当うまいが、これもマジうまいっすね…」
「バクバクバクバク!!」
「これくらいだと結構こいつ(ちなっちゃん)には辛い方なんだけど、こいつがこれだけ食うってのはホントにうまい証拠ですわ」
「関東にも手羽先ってあるにはあるけどこれとは全然違う。」
「これだけでも名古屋に来た価値がありました」
「今日食べるのは、手羽先ギョーザだと思ってたわ(笑)」

なんて嬉しいことを言ってくれます。多少お世辞も入ってるでしょうが悪い気はしません(自分が作ってるワケじゃないくせに)。

そのあとは皆で手羽先をむさぼる。飲む。食う。

と、とまらん…。ほんとに止まらない。止められない…。4人前ずつ追加するも2分ももたずに消えてしまいます。

「次のが来たら手羽先を写メールに撮ろうね~」
「ね~」

なんて話もしてました。しかし、いざ手羽先が持ってこられると写メールのことなんぞ皆忘れてしまい、取り合い食い合い(笑)。このときの我々は単なる肉食動物と化してました。

結局、5人で手羽先20人前、他にも手羽先に比べると甘くてよりジューシーな鳥皮なんかをペロリと平らげて大満足。

うぅ、思い出すだけでもよだれが…。

~続く~